• 化粧水でエイジングケアを行うならこの成分に注目

    化粧水でエイジングケアを行う上で注目したい成分は、何を求めるかによって異なってきます。

    化粧水のエイジングケアの情報をお届けします。

    まずは保湿です。肌の乾燥はあらゆるトラブルの原因であり、また肌の生まれ変わりであるターンオーバーを滞らせる原因でもあります。



    そのような状態では肌老化はどんどんと進行していくので、化粧水により保湿をすることはエイジングケアの基本とも言うことができます。



    保湿成分はいくつもありますが、中でも特に効果的と言われているのがセラミドとプロテオグリカンです。

    セラミドは使い続けることで肌自らが潤いを生み出す力や潤いを保持する力が改善できると言われています。

    いくつもの種類がありそれぞれに効能が異なるので、自分の肌悩みに合わせて種類を選択できるのが魅力です。
    一方のプロテオグリカンは非常に優れた保水力を持っているのが最大の特徴です。

    またヒアルロン酸とコラーゲンの間に存在していることから、これを補うことで潤いから肌のハリに対しての効果が期待できると言うのもプロテオグリカンのポイントです。次は抗酸化力です。

    エイジングケアにとって紫外線ダメージ、物理的ダメージなどにより発生する活性酸素と言うのは大敵とも言うべき存在です。

    抗酸化力と言うのは、この活性酸素に対抗する力のことです。そのため化粧水に抗酸化力のある成分が配合されていると、活性酸素からくる老化現象の予防、改善に効果が期待できます。
    このような成分の代表として挙げられるのは、ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、フラーレンなどです。
    この中でも特にフラーレンは、ずば抜けた抗酸化力を有しているのが特徴の成分です。

    近年ではフラーレンとビタミンC誘導体がセットとなって配合されている化粧水も出てきているので、それを利用すればよりエイジングケアに働きかけができます。